ローカルサーバへのインストール

XOOPSをインストールするためには、まずApache、PHP、MySQLをインストールする必要があります。しかし、全て入れるのは手間がかかりすぎますので、ここでは手軽にこの環境を構築できるパッケージソフトXAMPPを使用します。

1. XAMPPのインストール

では、まずXAMPPプロジェクトページからパッケージをDLしてください。Windows、Linux、Macそれぞれに対応したパッケージが公開されているので、どんな環境の人でも利用できるでしょう。今回はXAMPP Windows (xampp-win32-1.4.14.zip)をDLしました。

1. DL出来たら「C:」に解凍します。
2. 次に C:/xampp/xampp_start.exe を実行します。
3. http://localhost/ にアクセスし、以下の画面が表示されることを確認して下さい。



2. XOOPSのインストール

1. XOOPS公式サイトからXOOPS最新版をDL。
2. C:/xampp/htdocs/xoops に解凍
3. ブラウザのURLに http://localhost/xoops/ と入力。
4. XOOPSのインストールが始まります。(以下参照)


言語の選択


パーミッションチェック

途中のファイルの書き込み権限チェックで、以下のようにバーミッションを変更する指示が表示された場合は、該当するフォルダ(ファイル)の属性を変更してください。全て緑色になればOKです。




必要事項の入力

  • DBホスト名:localhost
  • DBユーザー名:root
  • DBユーザーパスワード:未設定 (空欄でOK)

ここではXAMPPの初期設定情報を使用しています。ローカルにインストールする場合は、その他の設定はデフォルトでOKです。


管理者ユーザー登録

ここで管理者ユーザーの登録を行えばXOOPSのインストールは終了です。


NEWS

2006/10/7
ドキュメントを更新し、サイトをリニューアルしました。

2006/9/3
v1.2 リリースしました。

CONTENTS


LINK


Copyright 2005-2007
All rights reserved.